2011年11月27日

ここしばらくの創作噺

 小さな画面が映し出す華やぎは、遥か遠くの場所の通りすぎた時間の記憶。
 満員の観客が埋める巨大なアリーナ。
 目映いばかりのライトの洪水と、降り注ぐ大掛かりな花火。
 とても、自分たちが住むのと同じ、プロレス会場には思えない。
 決して華美なわけではない。だが、その重さは日に日に増してゆくばかりのチャンピオンベルトを肩に掛け、悠然とマイクを握って微笑む見知った顔。……いや、自分の方は見知っていても、彼女の方は鏡明日香の存在など、知りもしないだろう。
 IWWF世界ヘビー級王者、レミー・ダダーン。
 この華やかなリングを牛耳る絶対無二の存在。長く抗争を続けてきたライザ・ゴルゴンとの決着を付け、高らかにその勝利を宣言している。
 レミーのマイクを遮る暗転。
 蒼白いスポットライトに浮かぶ不気味な巨体に、大歓声が上がる。
 レミーの王座を脅かす次なる存在として名乗りを上げたのは、売出し中の怪奇派ヘルテイカー。
 葬送行進曲の流れる花道を、ゆっくりと、王者の待つリングに向かう。
 無言のまま、睨み合い。ヘルテイカーは、親指で首を掻き切るポーズをレミーに見せつけて、くるりと背を向け、リングを降りた。
 ただ、それだけの宣戦布告。
 悔しいくらいに絵になるし、ヘルテイカーのキャラクターを考えれば、何の過不足もない。
「相変わらず、ニューヨークは派手ね……」
 微かな笑いに振り向くと、いつ戻ったのだろう。ナスターシャ・ハンの微笑があった。
 ウォッカを注いだロックグラスを傾けながら、テーブルを挟んで、明日香の向かいに腰を降ろす。摘んだササミにワサビ醤油をつけて、口に運び、小さく溜息をついた。
「この派手さをプロレスの標準にされるのは、さすがに迷惑かな」
 現時点では、アメリカ最大のリングであるはずのUSWAの会場でも、ここまでお金をかけた、派手な演出は行われていない。ライティングやスモーク、音響効果に、スキット(寸劇)を会場に映しだす、スクリーンがせいぜいだ。
 較べられてしまうと、どちらがメジャーな舞台なのか、解らなくなる。
「USWAの方も、派手にやってみればいいのに」
 冗談めかして茶化す明日香を、ナスターシャは苦笑交じりに睨みつけた。
「それができるなら、苦労はないわ。ニューヨークの凄い所は、演出の派手さではなくて、それに見劣りしないくらいに、試合そのものまで、ショー化されていることよ。……グレタ・バーレンが牛耳る、質実剛健のUSWAじゃ、無理」
「あなたやウィンも、辛いところかしら」
「まあ……ね」
 ロックグラスの氷が、静かな音を立てる。
 ジムでのトレーニングの合間や、空港への道すがら。ウィン・ミラーとナスターシャが、小声ながら、真剣な顔で話し合っている姿を、見かけるようになった。
 内容までは教えてくれないが、想像は容易についてしまう。
 ナスターシャが、いつそれを切り出してくれるのか。明日香は、待つしかない。
 モニターの中に、見知った顔。
 早くも、US王座戦線に絡んできているソフィー・シエラの姿が眩しい。USWWのリングで、明日香とベルトを争っていたのは、ほんの半年前のことだというのに。
 ソフィーがIWWFのTVショーのレギュラーになれるのであれば、同等に彼女と競っていた自分は、どうなのだろう?
 心の奥に点った小さな炎を、まだ一年以上残っている契約という現実が、すかさず吹き消してゆく。今は、まだ……動けない。



などと、ちょっとアンニュイに
「CRY WOLF」PART 12は、微速前進ながら進行中。

ええ、そうなんです。
「STAR GAZER」の中編ではなくて、「CRY WOLF」の続きが、多分先に完成します。

「STAR GAZER」の方も、内容や構成はすでに決まっているのですけれど
初登場となるキャラ(サブタイトルで想像つくと思うw)が、上手く動いてくれなくてね(-_-;)
なんだかんだで、苦戦中。

気分転換に書き始めてみた
「CRY WOLF」のほうが、筆の進むこと進むこと(^^ゞ

序盤に当たるUSWW編のラストパートに近づいてますし
こちらも色々と、キャラクターの出入りがある所。

でも、外人勢ばかりだと
ゲームでもそれほどの描写もないことから、結構自由に設定しちゃってるし
こちらのノリで進めちゃうから、楽ちんだったりw

いよいよ、本格的なIWWFの全米制覇が始まって
USWAに属するナスターシャはもちろん、鏡さんのUSWWにも、その影が忍び寄ってきて……

USWAの崩壊の直接のきっかけは、やっぱりアレだろうなぁ……とか
決めているだけに、早くそこまで持っていきたい所。

USWWの枷が外れてからが、本番ですから(^^

そうそう
抜き出し本文中に出てくる怪奇派レスラー、ヘルテイカーですが
これ、実はレッスルキャラで、私の創作キャラではありません。

全レッスル中、最もプレイした人が少ないだろう
PCエンジン版「レッスルエンジェルス ダブルインパクト」にのみ登場する
知る人ぞ知る、キャラだったりします。

WWEが、広く知られるようになった昨今なら
再登場してきても、おかしくないと思うのですけどね。
……団体内でのポジショニングが、難しいかな?

ちなみに能力値とグラフィックは、こんな感じ
taker.jpg


画像クリックで大きな画像になるのは、いつものこと。
「ダブルインパクト」をお持ちでない方は、資料としてどーぞw

完成までは、もうしばらくの時間が必要です。
長い目で、気長にお待ち下さいませ……_(._.)_
posted by Luf at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

ストーブ囲んで

日本シリーズは、ホークスの優勝でした。

やっぱり、ドラゴンズとの一番の戦力差は先発投手。
和田、杉内に続く、攝津、ホールトンまでは読んだのですが
さすがにその後に、若い山田までが好投して
チェンと互角に投げ合ってしまったのまでは、予想外。

和田、杉内の二枚看板を残して福岡に戻ったホークスと
信頼できる先発が、吉見一人になって乗り込んだドラゴンズ。

一勝一敗でホークスが優勝したのは、必然かもしれません。

でも、福盛に何の賞も無かったのは、ちょっとブーイング。
あのピッチングは優秀選手賞ものだと思うんだけど……

これで日本シリーズが終わり
いよいよ、本格的なストーブリーグに突入。

西武の大ネタは
中島のポスティングでのメジャー挑戦と、帆足のFA流出かな?

……補強はどうするんだろう。
トレードするにも、ちょっと手駒不足だし
新外人と、トライアウトだけじゃ、心もとないし

メジャーで浮いてる
元ヤクルトの五十嵐あたりでも獲りに動くのかな?

地味な補強だけでなく
ひとつくらいは大きな補強に動きそうな気もするので
期待しながら眺めていよう(^^

……てなことくらいしか書くネタがなくてね(-_-;)
通勤途中の車内BGMが「どうぶつの森サントラ」のヘビーローテになるくらい、疲れてます。

困ったもんだ。
posted by Luf at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

受け身の取れる球団社長

ご無沙汰しております(^^ゞ

お仕事が忙しかったこともあるのですが
古本屋で見つけてしまったエディー・ゲレロの自伝を読み耽っておりました。

これがレスラー本らしからぬ文章量で
ハードカバー417ページを小さめの字体でビッシリですぜ(^^

読むのに時間もかかったし
内容に引っ張られすぎないように消化し切るまで、書くのはストップしてました。

その間、暇つぶしにWii版のGジェネに手を出してたり(^^ゞ

それにしてもWARSだの、ワールドだのって
スタッフにレッスルファンでもいるのかと、バカな事を考えてしまったり……

今回はスカウトキャラが、最初からフリーなので
ディアナ様のソレイユ所属のアイドル隊と
カテジナさんや、ヤザンらで構成するヒール艦の隊とに分けて育成予定です。
とりあえず、アイドル隊の方は、まだソレイユこそ買えないものの
艦長ディアナ様、副長オードリー(ミネバ)・バーン、通信セイラさん
操艦ミライさん、メカニックにニナ、ゲストにクイーン・リリーナという
ハイソな艦橋は完成しております(^^)v

……一人だけ、生まれはハイソでも、見た目は下町のおっかさんがいますが
操艦の女性キャラは選択肢が少なくて(-_-)

それはともかく

日本シリーズは、中日が連勝ですか。

星勘定だけなら、中日が俄然有利なわけですが
試合内容を見ると、まだ安心するのは早そうな(^^

シーズン前の予想通りに
似た者チームの最少得点の奪い合いを、ダブルストッパーで逃げきる展開。
二試合とも延長で、たまたま針が中日に振れただけってな印象は、予断を許しません。
どちらも抑えの馬原から勝ち越したってのだけが、アドバンテージかな?

摂津、ホールトンと続く先発陣があるだけに
ホークスもまだまだ、目があるわけで
もうしばらく、日本シリーズを楽しめそうです。

そんな日本シリーズに水を差す、お馬鹿な人もいますけどね(-_-;)

結局は、ナベツネ氏と、GMに就任していい気になってたおっさんの
ワンマン采配の衝突でしかないわけで
まともに話題にするのさえ、バカバカしいお話。

ただ、さぁ

「愛するプロ野球、愛する巨人軍を私物化……」なんて言っていながら
日本シリーズの監督会議と同時刻に、わざわざ記者会見を開かれてもね(-_-;)

本当にプロ野球を愛するなら
シーズン総決算の日本シリーズを、新聞の一面から追い出すようなことを
このタイミングでしません!

結局は中日潰しで、読売球団が話題の中心でないと気が済まないの?
なんて、穿った見方をしたくなります。

たとえライバル会社の所有球団であっても
世間の目がプロ野球に集まる日本シリーズを、蔑ろにする行為は
プロ野球全体のためにも、大きなマイナス。

ましてや、内紛なんて、イメージ悪すぎ……
ほんと、阿呆臭

そんな中、ひっそりと
我らが埼玉西武ライオンズの来季コーチングスタッフが発表。

問題のピッチングコーチは、OBの杉本正氏ですか……
王ダイエーを支えたコーチだったと思った。
期待の眼差しで、見守りましょう(^^)
王ダイエーの時代は、戦力が豊富すぎて、力量判断が難しいし(^^ゞ

意外なのは、二軍投手コーチの横田。

上手から横手に変えて、ローテの一角にまで上り詰めた右腕
……一軍での実労は、中継ぎ含めて三年くらいと、短かった記憶がある。
その後、アチラコチラで苦労してるだけに
二軍コーチとして、期待してしまいましょう。
艱難辛苦の経験を若手の糧にして欲しいなぁ……

でも、今回特筆なのは
コーチングスタッフではなく、球団社長人事。

鈴木葉留彦氏が球団社長に就任しました。

……と言っても、長い西武ファンでないとわかりませんよね?(^^ゞ

そう、元西武ライオンズの選手です。
引退後、フロント入りする選手は多いけど
スカウト部長がせいぜいで、球団社長にまで内部昇格するケースも珍しい。

「受身も取れない奴の言うことなんて、聞けるか!」

っていうのは、プロレスラーたちの決まり文句。
WWEのマクマホン・ファミリーが、誰よりもハードなバンプを取るのも、このセリフ故です。

今回の鈴木球団社長は
まさに、プロ野球版の「受身の取れる」球団社長なわけで

私としては、こちらを是非、注目したいところです。
posted by Luf at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

敗退!

やはり、ここまでか……(/_;)

埼玉西武ライオンズ、ファイナルステージで敗退決定。
やはり、今年のホークスは強い。

今日も延長戦に持ち込むなど
競った良い試合を見せてくれたらしい(仕事で見られなかった)けど
プロレスと違って
良い試合を見せても、勝たなきゃしょうがない。

負けられない試合の連続で疲れたでしょうから
今は、のんびりと休んで、来季に向けて立て直して欲しいなぁ

リーグのプライドは、ホークスに託します。
ここまで来たら、絶対に日本一になって欲しいところ。

……来年は!
posted by Luf at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

あ痛たたた……

埼玉西武ライオンズ
パ・リーグCSファイナルステージ……連敗(/_;)

う〜ん
ギリギリまで競り合いつつ、最後に突き放されちゃってる感じですね。
負け方としては悪くない……とは言っても
CSは経過ではなく、結果が全て

今年のチーム力では、これが精一杯なのでしょうか。

シーズン同様
先発が不安定で、替えるほど悪くはないけど
得点は加算されて、追いつけないという

ここまで来ると「逆転で日本シリーズへ!」とは言いづらく
「せめて一矢は報いようよ……」って感じで。

明日はデーゲーム。
お仕事なので、試合が見られないだけに
せめて一勝して、日曜日に試合観戦させてくださいな。

ふぅ……(;_;
posted by Luf at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

筋肉?

野球の話ばかりしているのも何ですし
ちょっと気分を変えて

前にもちらっとご紹介した、最近の私のお気に入りの漫画
「高杉さん家のおべんとう」の特設サイトができたとのことなので覗いてみると
何やらブログコーナーで、ツイッターの話題が……

少女漫画のタイトルに「筋肉」をつけてみよう! という比較的定番なお遊び

これ、レッスルでやってみると……

「レッスルエンジェルス 筋肉サバイバー」
「レッスルエンジェルス 筋肉愛」
企画止まりだった
「レッスルエンジェルス 夢筋肉」
旧作から
「レッスルエンジェルス 筋肉スペシャル もうひとりのトップイベンター」
「レッスルエンジェルス ダブル筋肉インパクト」

……なんかもう、想像以上に来島さんです^^;

でも、この遊び
少女漫画のタイトルでやるのが定番なのですが
今ならむしろ、ラノベのタイトルでやってみるのも、面白いかも

「俺の筋肉妹がこんなに可愛いわけがない」とか
「筋肉バカとテストと召喚獣」……これ
来島さんと新人テストを受けに来た栗浜で、ネタが作れそうな(^^ゞ
「これは筋肉ゾンビですか?」……やなゾンビだ

汗臭い方向からちょっと変えて
「涼宮ハルヒの筋肉消失」とか
「乃木坂春香の秘密筋肉」……っていうのは、ちょっとエロ風味?

正しくはラノベじゃないけど
「万能筋肉鑑定士Qの事件簿」なんていうのも楽しそう
左右の上腕二頭筋のバランスから事件の真相を解き明かす莉子さん(^_^;)

などと、きりがありませんね。
お暇なときにでも色々考えて、面白いのが浮かんだら教えてくださいw
posted by Luf at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

好試合でした

ドラ1vsドラ2の結果は
試合に勝って、勝負に負けたって感じでしょうか?

都市対抗野球の優勝は、ドラ1十亀が先発したJR東日本。
1対1で延長戦の上、サヨナラ勝ちですから……凄い試合でした。

NTT東日本の先発マウンドに立ったドラ2の小石ですが
本当に凄かった。

この大会で30イニングスくらい、無失点だったんじゃないかな?
7回に同点ホームランを打たれた後、乱れて降板。
ドラ1十亀は不調で、4回途中でマウンドを降りていますから、勝負には勝った感じです。

十亀は前試合に続いて、不調。
故障でなければ良いけど、連投は利かないタイプなのかもしれない。

狙って三振は獲れるわ、連投も苦にしないわで
小石の方は、今から来シーズンが楽しみになるくらいの活躍。
テークバックの小さな、独特のフォームも打ちづらそうだし
これは、今年の牧田なみに期待ができそう(^^)

……って、まだ今年は終わってないから(^^ゞ
CSファイナルステージは、明後日から開幕です。

ホークス、覚悟!
posted by Luf at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。