2012年07月25日

とみたゆう子アルバム復刻詳細来た!

まずは、このページ

一報はスタッフブログの書き込みだったのですが
ようやく詳細が届きました。

オリジナルアルバム6枚までは、予想の内だったけれど
まさか「とみたゆう子ベスト」がラインナップに来るとは!

まぁね
誰もが私のように濃いファンではあるまいから
シングルに入っていない代表曲を、とりあえず手に入れたいと思うこともあるかな

シングル復刻を見つけた時にも書いたけれど
ファンなら誰もが認めるとみたゆう子さんの代表曲
「とどけ・愛」「海のキャトルセゾン」共に
アルバムナンバーであって、シングル化されていないという笑えない話もあることでw

問題は、「とみたゆう子ベスト」には
「海のキャトルセゾン」は入っていても、「とどけ・愛」が入っていないことでしょうか(^_^;
……「ベスト17」を復刻した方が良かったんじゃ(^_^;(^_^;(^_^;

MEG−CD対応店舗が近場にない方でも
山野楽器さんのHPなどから通販購入することも可能です。
シングルの時に私も山野楽器さんで買ったけど
2000円以上購入で送料無料ですから、待ち日数以外は何の問題もなし
経験上、梱包もしっかりしていますから安心。
今回も利用する予定。

ベストアルバムとはいえ、別バージョンの多い「PORTRAIT(ポルトレ)」がラインナップに無いのは
次の発売を期待しても良いと言うことなのかなぁ……
「海物語」共々、期待してしまうのです。

ゆう子さんを知らない方でも
サンプルとして全曲、出だし部分を視聴できますので
一度聞いてみて下さい。
もっとも、youtubeとかで検索すると、フルコーラス聴けたりもしますが(^_^;

この夏、一番のサプライズです。

3DSで遊んでいる「カルチョビット」の方は
7年目のシーズンを終えた所。

ジャパンカップ(リアルでいう所の天皇杯?)を初制覇しました!

フレッシュリーグから頑張ってくれていた主力が衰えてきて
チームの立て直しに手間取った前半の負けが響いたこともあり
シーズンはN1(J1)7位に終わってしまったのですが
今度のチームは強いぞw

しかもキーパー以外のスタメンは女子選手と「ヴァルゴ阿見」の名に恥じぬ陣容だし。

つまり……え〜っと……
そっちにばかり時間を取られて、全然お話進んでませんw

もうしばらくのお待ちを(^_^;
posted by Luf at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

とみたゆう子 完全復刻決定!

わーい!

前に話したMEG−CDでの全シングル復刻に続き
今度は7月31日に、アルバム7枚の復刻が決定しました。

ええ、私が未だに溺愛してやまぬ
80's末期の女性シンガーソングライター、とみたゆう子さんのお話です。

独特の真っ直ぐ伸びる甘く澄んだハイトーンは唯一無二のもの。

二度の交通事故で、引退コンサートもなくフェイドアウト。
その後、いきなりレコード会社を変えて再デビューして、アルバム二枚発売。
再び活動休止も、ゆう子さんのカバー曲を出した桜井亜弓に
バックボーカルとして自らゲスト参加してみたり(^_^;
先日は、師匠に当たる山梨鐐平氏の名古屋ライブにゲストでステージに立ち
数曲歌ってみたり。

そんなこんなで、ちょくちょく噂を聞くもので
復活の夢をファンとして、捨てられない人なんです。

ステージに立って以降
旧アルバムの中古価格がとんでもないことになっているようですが
これで、適正価格で入手できるわけです。

……中古屋を儲けさせるよりは、ゆう子さん自身にお金が入らなきゃね。

私も、CD化されたもので唯一買い逃していた
サードアルバム「classical heart」を買わねば!

アナログ音源から起こしたものはあるけど
手持ち機器の都合上、音が軽くてシャカシャカしていて……

あとは、32ページブックレットが難になっていて
未だにCD化されていない「海物語」を待つのみ。

ついでに、娘さんの大学受験が終わったら
ご本人が復活してくれないものか……

ファンはしぶとく、あの甘い歌声を待っているのです。
posted by Luf at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

真夏はボサノヴァ

あの気怠さが良いのです……

というわけで、最近聞きまくってます。
もちろん、そっち方面のCDまでは持ってないし
レンタルでも、なかなか無いジャンルなので
もっぱらラジオ。
前に話した、ネットラジオのアプリです。

ネットラジオはPCでも聴けるのですが
ラジオは携帯してナンボのような所もあるし
何より、車での通勤途中にも聞いているので、iPhoneの方が便利。

最近は、tunein radioというアプリを見つけて
局の検索が容易になったので、もう……ね(^^

スポーツ、音楽などのジャンルや
音楽の中でも更に細分化されたジャズや、ロック、カントリー(!)、ブルース(!!)なんてのも
更に言語(何語の音楽か?)を日本語にして、ジャンルを子供向けにして探すと
アニソン専門局なんてのも、チラホラw
ストリーミング専門局なんでしょうけれど、アメリカやフランスにあったりするのも楽しい所。

個人的に、凄いなぁと思ったのは、SkyFMのビートルズ・トリビュート
これ、24時間ビートルズナンバーを流している局ではなくて
ビートルズナンバーのカバー(!)だけを流している局なんですよ。
レゲエ有り、ジャズ有り、ラテン有りで
聞き慣れた曲の様々なスタイルが聞けて、本当に楽しい。
カバーだけで放送局が出来るなんて、ビートルズくらいのものでしょう。さすが!

言語を気にせず
ジャンルで海外曲を聴いていて、突然日本人ミュージシャンの曲が流れたりすると
妙に嬉しかったりw
でも、ジャズ曲で秋吉敏子はかかっても、なかなか上原ひろみはかからないもんだ。

iPhone用だけでなく、android用もあるらしいし
録音機能がない程度の無料版も用意されてますので
音楽好きの人は、スマホに入れても邪魔にはならないかと。
お試しあれ

プライベートでは、カルチョビットにドはまり中(^_^;

我がヴァルゴ阿見はN2リーグにまで昇格して奮戦中。
ヴァルゴ=処女宮の名前通りに
いずれは女性選手ばかりでイレブンを組んで、世界一のクラブを目指そうかと。
とりあえず、エースストライカーの「みほ」(ショートカット爽やか系)
ミッドフィルダーの「あやか」(ツインテール)
に加えて、外人勢のディフェンダー「カルメン」(ちょっとララァ風)
ミッドフィルダーの「クラリス」(泥棒はまだ出来ないけど、きっと覚えます系w)
と、着々と計画は進行中。

やり込み要素なんて、与えられるものじゃなく
自分で設定して、ハードルを上げていく方が楽しいわけで。

当分、はまり続けそうな予感(^_^;
posted by Luf at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

カルチョビットは楽し

え〜っと……
またまた、ご無沙汰状態で申しわけありません

予想はされていると思いますが
3DSででた、カルチョビットにハマリっぱなしで(^_^;

……発売日は一二日なのに、今まで何をしていた?

実は、3DSの任天堂ショッピングで
先月末から体験版が提供されてまして、そちらをずっとw

体験版と言っても
30回起動orゲーム内時間二年経過orフレッシュリーグ優勝まで遊べる上に
二年経過か、フレッシュリーグ制覇時のデータは、製品版に引き継げるという。

体験版のセーブデータはひとつ切りなので
終わっちゃ消しして、結局4チームで制覇して
挙げ句の果てには製品版にデータを引き継がなかったという(^_^;

いや、本当に面白くて

サッカーチームの簡略化育成シミュレーションで
やることは、試合=>課題カードゲット=>特訓=>戦略の繰り返し。

それでも、この見ているだけの試合がやたらに面白くて

全然リアルじゃないスーファミ・ライクの2頭身キャラが
チマチマと動くプレイがけっこう熱いw

育ってくると
オーバーヘッドキックはもちろん、マルセイユ・ルーレットなんてものまで
二頭身キャラがやっちゃうわけで
グラフィックがリアルじゃない分、逆にプレイヤーの想像力が刺激されて
本当に盛り上がるんだわ、これ。
さすがダビスタの薗部さんの作品。

サッカー自体好きじゃなくて
サッカー知識はキャプテン翼ワールドユース編まで読破のみの私でも
これだけはGBA版からずっと楽しんでます。

3DSお持ちの方
騙されたと思って、体験版をダウンロードしてみて下さい。

少なくとも、レッスルファンなら絶対にハマる。
テイストは、けっこう近いものがあるし
……さすがにリプレイは書きませんけどね(^_^;

本当、とりあえず弄ってみて欲しいゲームです。
体験版、バンザイw
posted by Luf at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

バカ! 大バカ! 特大バカ!

などと、某ドラクル城の案内係のセリフのようなタイトルですが
「朝日のようにさわやかに」前編に対する補足というか、蛇足です。

三バカダークサイドについては、きっと賛否両論あると思います。

でも、新女という環境と
すぐ下の後輩がめぐちぐという巡り合わせ。

多かれ少なかれ、こんな状況があったんじゃないかと、個人的には思います。
いくらゲームキャラとはいえ
老舗団体のメンバーにしては、三人とも有り得ないくらいに歪な育ち方してますし……

とはいえ
パソコン版SPを経て、時系列では後になるV3において
それぞれ、世界ジュニアチャンプ、アジアチャンプ、アジアタッグ王者の一人と
イメージ以上の成長を遂げる彼女たち。

そこにはきっと
もう一度、傷の癒えた翼で羽ばたくきっかけとなる試合があったはずだし
出来る事なら、そのリングは
彼女たちの翼を結果的に折る形になってしまったかもしれない
めぐちぐとの対戦であれば、素敵だろうな。

と、いう想いでストーリーを作っております。

そして、もうひとつ。
何かと使いづらい、めぐちぐの二人。

何しろ、入団試験から、世界タッグ戴冠までの紆余曲折は2,V2のストーリーとして語られてますし
公式ライバルとしてスナイパー姉妹が上げられているものの
2,V2のラスボスという意外は、特に印象的な絡みもないし。
イメージとして、お互いがお互いのライバルな二人だけに
強敵を対戦相手に設定してお話を創っても、対して盛り上がらないという……

じゃあ、どーすればめぐちぐを悩ませられるのか?
どんな相手が一番困るのか?
と、考えた結果。
勝って当然の相手。それも、出来れば勝ちたくない相手……というのが良いかなと(^_^;

それも、明らかに武藤に非がある遺恨マッチとして
三バカ側の逃げ道塞いでおく性格の悪さで。
(武藤が禁じ手を使ってしまった理由は、ちゃんと後編で明かします)

さて、どんな試合になりますやら。

後編は、悠理の物語にケリをつけた後にお贈りします。
鏡さんファンの方、ごめんなさい。
「CRY WOLF」の方は、短編二つのケリをつけてから、のんびり再開の予定です。

では、再見!
posted by Luf at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

朝日のようにさわやかに(前編)

朝日のようにさわやかに(前編)


続きを読む
posted by Luf at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。