2012年05月03日

あぅ……

ごめんなさい
また、間が開いてしまった

今年は正月早々、蹴っ躓いたせいか
何やらかにやら、公私共にI like busy……

続きを書く時間は取れなかったけれど
だからといって、何も書かずにいるのも心苦しくって

とりあえず、小出しにするつもりで準備していたネタを
ちらっと放出してみようかな……と

と、いうことで
このロゴ、な〜んだ?

1-1.jpg


レッスルファンならお馴染みのGREATのロゴが小さく見えます。
でも、それより大きなGUP2のロゴ。

そう、これはレッスルシリーズ最大の黒歴史
「Doki Doki プリティリーグ」のクレジットロゴです。
1-2.jpg
dokipuri.jpg
1-4.jpg
1-5.jpg
1-6.jpg


並み居るレッスルの主力キャラを従えた
緑髪ポニーテールは一体誰?
という当然の疑問はあるでしょうが、それはちょっと後回し(^^

Wikiから抜粋しますと

DOKIDOKIぷりてぃリーグ
『レッスルエンジェルス』シリーズのキャラクター及びオリジナルキャラクターが野球で活躍するという設定で第1話-第5話まで発売。PC-9800シリーズ専用。メディアは各話フロッピーディスク(FD)2枚組でゲーム前半がアドベンチャーパート、後半が試合パートに分かれており、ストーリーとしてはギャグやシリアスの要素を取り入れている。試合形式はスロットマシンで行い、回転した目の内容(三振、一塁打-ホームラン……etc.)で進む。試合途中にイベントが発生することもあった。
中略
なお、これらの作品はオリジナルのレッスルエンジェルス開発陣の猛反対からオリジナルのスタッフはほとんど参加しておらず、ほぼ外注のみで制作された。

と、なっております(^^ゞ

レッスルとは別に、こちらの方もキャラが一新されて
エクシング社より、プレステ向けソフトとして復活(タイトルは「ドキドキ プリティリーグ」に変更)し
ゲーム3作(あ……PS2レッスルより多い)とドラマCDで展開されましたが
当然、このブログでそっちを追いかける予定はありません。

紐解くなら、やっぱ黒歴史の方でしょw

黒歴史となっている理由は、Wikiにある通り
オリジナルスタッフ不参加の名ばかりのレッスルである点。

とはいえ
時は巡って、公式とされる「レッスルエンジェルスサバイバー2」に
何人のオリジナルスタッフが参加しているんだろう?
と考えてしまうこともある。(たぶん、ゼロじゃないかと)
Dokiぷりも、バリエーションの一つと考えてしまっても良い時代かもしれません。

では、歴史を紐解いてみましょう。

まずは、その世界観から

1-7.jpg
1-8.jpg


男性キャラとして
雨森俊郎監督。これが自キャラとなります。
間抜けで気弱な……この手のゲームの定番キャラです。

第1話は開幕戦。
宿敵ブルードルフィンズの待つグレイト球場へ向かう途中。
猫を避けようとしてピンクエンジェルスを載せたバスが谷底へ転落!
(運転手は監督であって、堀にゃんでも、舞マイでもありません。念のためw)
なんとか、道に戻ろうと苦心しているところに
同じように谷底に落ちた少女が声をかけ……
1-11.jpg

みんなの上着をつなげたロープを結んだボールを打つなり、投げるなりして
崖上の木に引っ掛けて上がろうということになって
1-12.jpg


……時々、こんな選択肢が出ますが
寄り道が増えるだけで、ストーリー展開は、まったくの一本道です。

でも、オリジナルスタッフの不在は、この選択肢でも明らか。

バッティングセンス抜群の来島さん
パワーヒッターのゆっこ

どう考えても、これって逆っぽいような。
パワーはあっても、不器用なのが来島さんですよね?

そもそも、ゆっこと市ヶ谷を同じチームになんて
レッスルファンは絶対に考えないことでしょう。

話を戻しますと……
ここで、先ほどの少女 沢村七瀬が
1-13.jpg
こうして上がった谷上の道で
ピンクエンジェルスファンのトラックの運ちゃんに遭遇。
無線で呼び出された仲間のトラックに便乗し、開幕戦に殴りこみです。
1-19.jpg

試合画面は、こんな感じ
1-21.jpg

中央で「外野フライ」と表示されている部分が
Wikiにもありましたスロットです。

……と書くと、まともに試合をしそうなのですが
この試合には、プロレス同様にブックがあります。(^^ゞ

イベントに合わぬ経過であると
スロット内容からアウトがなくなって、全部安打になってみたり(^_^;)

ここで、対戦相手ブルードルフィンズのメンバーを紹介。
守備位置は、一部しか判りません(/_;)

1番 斎藤彰子(レフト)
2番 サンダー龍子:選球眼抜群
3番 結城千種
4番 ブレード上原:昨年の三冠王
5番 石川涼美
6番 神田幸子
7番 金森麗子
8番 後野まつり
9番 武藤めぐみ(投手:アンダーハンド)

めぐちぐの打順は、逆のほうがしっくり来るような。
2番に龍さんというのも、ちょっと……
後野まつりが加わっている所が、ちょっとシブイ(^^

イメージはWARSと太平洋女子の混成チームなのかな?

試合が進むと、イベント発生!
武藤の与えたデッドボールに、市ヶ谷がエキサイトします。
1-38.jpg
1-39.jpg


審判にキック一閃!
もちろん、退場です。
さて、困った……控え投手の金井ちゃんはバスの事故の際、肩を痛めて出場不可。
しかし!
球場に向かう途中に、謎の少女沢村七瀬と契約していました!
1-40.jpg

七瀬の投げる魔球が、炸裂。
時速2キロ(^_^;)の超スローボールが急加速。
1-43.jpg
1-45.jpg
1-47.jpg

と、敵軍2,3,4番を
バットばかりか、風圧でユニフォームまで粉砕してシャットアウト!
見事にピンクエンジェルスが開幕戦を勝利で飾ります。
1-49.jpg

それを、物陰から見る怪しい影一つ
1-48.jpg
1-50.jpg

第2話はジャニス・クレア率いるユニバーサルソルジャース戦だ!

と、いうのが第1話の全体像です。
スチャラカな一本道アドベンチャーというのが、その正体。

ちなみに、私がこのブログに書いた(中断してますが^^;)
ドキプリサバイバーでの、新女エンジェルスのユニフォームのイメージは、ピンクエンジェルスです。
……思わず、理沙子さんに着せる羞恥プレイをしたくなるでしょw

第2話の紹介は、またいずれ。

それにしても
誰が考えても、ひかるちゃんは2番セカンドなのだな(^_^;)


posted by Luf at 20:07| Comment(1) | TrackBack(0) | レッスル秘宝館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。こちらのページを拝見した後、動画投稿サイトで1話、2話を見てみました。レッスルエンジェルスファンにとっては黒歴史とのことでしたが、私は単純な奴だからか、結構面白いと思いましたね。レッスル史の一端を見せて頂いてありがとうございました。
それにしてもネット上に情報が全然ないですね。七瀬の姉らしき「沢村更紗」ってどんなキャラだったのかを調べたのですが、全然分かりませんでした。これはどんなキャラだったのでしょうか?よろしければ教えてください。
Posted by まいづる丈也 at 2013年04月03日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。