2010年08月31日

ダブルインパクト

 都営大江戸線が開通し、都庁まで地下鉄ですぐになった今、無用の長物のような動く歩道を横目の見て、その脇の地下道を歩く。大手カメラの量販店がひしめき合う地上と違い、こちらはオフィスへの出入りがメインのサラリーマンやOLばかりなので、少しは歩きやすい。
「毎日、こんな所に通勤しているんですか? どこかのOLさんみたい」
「ネクストゲート社の東京オフィスに間借りしている、ヤクザなプロレス団体の広報兼事務員なのにね。おかげで着る物に気を遣っちゃって大変」
「安月給ですみません」
「そうよ。ひかるちゃんも頑張って、暮れのボーナスに反映させてくれなくちゃ」
 見慣れぬ風景にキョロキョロするひかるを手招きしながら、地下から高層ビル群を形成する摩天楼の一つに、鈴木が足を踏み入れてゆく。
 飲食店のテナントが並ぶ中を抜けて、うんざりするくらい長いエレベーターを上へ。
 長い廊下の突き当たりのドアにネクストゲート社のロゴと、小さなシールのようなWARSのロゴが掲示されている。
 そのドアの脇に立った鈴木が、手招き。
 ひかるを正面に立たせてから、ドアをノックし、開いた。
 とたんに拍手がひかるを迎えてくれる。
 きょとんとするひかるの肩を押して、鈴木が中に押し込んだ。
 広いスペースの一角に置かれた、白いクロスを被せたテーブル。その上には幾つもの寿司桶や、オードブル。それを取り囲んでいるのは、サンダー龍子をはじめとするWARSのレスラーたち。更には、懐かしい旧WARSの営業担当や、事務所の人たち。再び、新生WARSに参集してきてくれた。
 それだけではない。
 きちんとしたスーツや、事務服がしっくりと似合っている若い男性や、女性たち。
 ネクストゲート社の東京事務所の人々だろう。
「新生WARS旗揚げの壮行会をやってくれてるの」


などと『Dragon’s Bless』act.42は
登場人物を羨みつつ、約半分ほど進行中


DIop2.jpgDIop1.jpg

嬉しさのあまり
いきなりスクリーンショットを置いてしまいました(^^ゞ

引っ越しのドサクサで失してしまったかと思われた
『レッスルエンジェルス ダブルインパクト』のゲームCDが見つかったぁ。

まぁ、ゲームそのものは、出来がアレなので滅多に遊ばないのですが
田舎に引っ込んだ今では、店頭での再発見は難しいし
通販とかだと、かなりのお値段になってしまうし
(これ買った時は、サバイバーの噂すらなかったので、二千円しなかったのに)
諦めかけていたのですが、何故か録画したDVDに紛れて……

ついでに調べてみたら
PCengineのエミュレーターもフリーで良いのが出来ているようで
そっちも変えてみたら、ヴォイスもはっきりくっきり
CDフルインストールをエミュでやってくれるので、読み込みも早いし。

このところ、旧作づいているので妙に嬉しい。

『美少女レスラー列伝』で佳代ちゃんのIWWF修行が終わったら
動かしてみましょうかね。

すぐ飽きて、PC版に戻っちゃいそうだけどw

追記:ちょっと拍手画面を弄りました。
posted by Luf at 23:17| Comment(3) | TrackBack(0) | レッスル秘宝館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

すべてはここから…

『Dragon’s Bless』act.41は、順調に進行していますが
故あって、今回は抜き出しはしません。申し訳ないです。

とはいえ

奇跡の復活を遂げた『レッスルエンジェルス』も
トライファースト社の……以来、再び休眠状態。

『愛』は継続されているけれど、まぁね。


「新作がなければ、旧作を楽しめばいいじゃない」


と、どこかの王妃様のようなことを言いつつ
昨日今日と、スーファミ引っ張り出して「美少女レスラー列伝 ブリザードYuki乱入!」
なんぞで遊んでみたりして

実際に、かなり遊べてしまうから困る(^^ゞ

「過去の全レッスルを遊べる!」が自慢だったのに
引っ越しのドサクサでPCEの「ダブルインパクト」のCDが行方不明と気づいた(:_;
アレの為だけにPCエンジンエミュのシェアウェア料金払ったのに……

……気を取り直して、今日は、温故知新とばかりに
PC版『レッスルエンジェルス』それも初代の紹介なんぞを始めようかと。続きを読む
posted by Luf at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスル秘宝館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

元ネタ公開

Dragon's Blessの方も、WJW編リプレイの方も、もう少し時間がかかりそうな現状。
更新無しというのも寂しいので、ちょっと資料公開してみましょう。

Dragon's Blessのact.6のラストにも注記いたしましたが、あの試合は徳間書店刊の旧マンガ版レッスルエンジェルス(著:江口賢一 1995年11月15日初版 少年キャプテンコミックススペシャル)をベースにした私なりのアレンジとなっています。
ただ、その元ネタをご覧になった事のある方は、どれだけいらっしゃる事か……。
PC版からの根強いファンの方ならともかく、サバイバーで初めてレッスルを知った若いファンの人は、入手困難かも知れない。
『プランチャーをラリアートで迎撃!』というネタで有名なマンガの一部を、ちょっとご紹介してみたいと思います。
アンソロジー形式のサバイバーのコミックスに較べると、熱さが全然違いますw

コミックス自体が三部構成となっており、一部が小縞vs斉藤。二部が龍子さん。三部が市ヶ谷主役のコメディという構成。
紹介するのはsecond match「破壊者(クラッシャー)」の序盤のクライマックス。
続きを読む
posted by Luf at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスル秘宝館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする