2012年10月31日

朝日のようにさわやかに(後編)〜お試し版〜

随分とお待たせしてしまっております。
自覚はあるのですが、時間がそれを許してくれない……(;_;

と、言うことで
極めて異例な対応になりますが
開き過ぎてしまっている間をごまかすために(^_^;)
「朝日のようにさわやかに」の後編の現在までに下記上がっている部分を
お試し版という形で公開してしまいたいと思います。

分量的には半角80文字/行で300ラインちょい。
内容的には、約半分くらいでしょうか。
運命の分かれ目の試合パートに入る前まで、出来上がっております。

もちろん、完成の際には全文校正をしますので
その時点で細々と修正するだろうとは思いますが、今回は原石のまま。

これで、しばしのご猶予を与えてくださると幸いです。
では……行きます!

朝日のようにさわやかに(後編)〜お試し版〜

続きを読む
posted by Luf at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

ドラフト終了!

話題どころでは
藤浪が阪神、東浜がソフトバンク
大谷は日ハム、菅野は巨人がそれぞれ単独指名と言いたいことはあるけど
まぁ、思うところはみんな同じでしょうから、あえて何も言わない(^_^;)

我らが埼玉西武ライオンズはと言いますと

順位 選手名     守備 所属
×1位 東浜 巨 投 亜細亜大
○1位 増田 達至 投 NTT西日本
2位 相内 誠     投 千葉国際高
3位 金子 侑司 内 立命館大
4位 高橋 朋己 投 西濃運輸
5位 佐藤 勇     投 光南高

育成1位 水口 大地 内 香川オリーブガイナーズ

東浜を外したけれど
個人的に大学で故障した投手は、ライオンズに来ると壊れるようなイメージがあるので
即戦力っぽい益田で満足。
ただ……
増田「中継ぎ、抑えで(プロに)挑戦したい。プロでもそのポジションで指名されたと思う」
ナベ「先発ローテーションに……」
と、いつもの食い違いが(^_^;)(^_^;)(^_^;)

左の高橋ともども、リリーフで期待したいのがファン心理です。
いい加減、ちゃんとしたストッパーを育てようよ……

相内、佐藤と将来性を期待できそうな二人も指名できたし
西武にしては珍しく投手に偏った指名でしたが、今年はしかたのないところ。
強いて言えば、勝負強い中距離バッターを即戦力で欲しかったけど
目ぼしいのがいなかったのかな?
ファームを含めて、小技の効く選手ばかり目立つので、ちょっと気になってるんだけど。

ドラフトまでに
なんだかんだで10人くらい戦力外にしたり、引退したりしてきただけに
もうちょい指名するかと思ったけど、今年もまた5+1名。
あとは、トライアウト狙いなのかなぁ。
トレードするにも
ウチは出せる玉が小さいから、さほどの戦力増強になりそうにないし。

いよいよ、ストーブリーグが本格化です。
posted by Luf at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

64びっと

このところ、ストレスが溜まっていたので
思わず散財してしまいました(^_^;)

2テラのハードディスクを買って
ついでに64ビットのOSにグレードアップだ!

……とは言っても、8は発売前なのでWindows7のDSP版です。

「あと10日ちょい待てばいいのに」とか言われそうですが
ウチのパソコンは6年落ちくらいの旧式なので
完全にこなれて、枯れたOSの方が都合がいいのです。

ヨーイドンで新OSなど入れた日には
古めの周辺機器や、ソフトが動かないのなんのと絶対にあるからw
人柱になれるようなお財布のゆとりもないしね……

知らぬ間にメモリーの規格も変わってるし
(ウチのはDDR2だ!)
それでも、愛用しているposer系のソフトも64ビット基準になってきてるし
そろそろやっとかないと戦えなくなりそうで……

前のがVistaだったこともあり、7の速さに感動してます(^_^;)

あと2年後くらいまでに、マザボとCPUを切り替えると5年くらいは戦えるかなぁ
一気に買うと、高いしね。

ようやく環境設定も終わりつつあるので
生存証明代わりに。

でも、冷静に考えてみると
ゲーム機の方はとっくに64ビットを超えちゃってるんですよね、ウチ(^_^;)
エミュレーターも、なかなか追いつかないわけだわ。
posted by Luf at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

改めて、女子プロレスを観よう!

HDチャンネルの大幅な増加(SDからの鞍替えですが)もあって
先月末から今日までの一週間
スカパー!一部チャンネルのノンスクランブルキャンペーンが行われていました。

「よくばり」セットで契約している私的な目玉は、いつもの通り
格闘技チャンネル「サムライ」と、ヲタ系アニメチャンネルのAT-X。

中でも、インディー嫌いで「サムライ」は契約していない私としては
「全女クラシックス」が一番の目玉なわけで。

かつて、フジテレビで放送されていた「全日本女子プロレス中継」からのセレクションですが
今回放送分は女子プロレスブームのピーク、対抗戦前後の頃。
つまりは「レッスルエンジェルス」が製作されていた時代の女子プロレスです。

ちょうど、対抗戦の一つの象徴である「北斗晶VS神取忍」の喧嘩マッチ第2ラウンドが放送されたり。

う〜ん、やっぱり熱い!

レッスル関係のリプレイ等を読ませて頂いていると
新日とかとは違うことは何となくわかるけれども……と、WWEあたりにイメージを求める方が
けっこう多いようで。
……でも、違うんですよね。
今のハイスパートプロレスの最先端を行きつつ
ドロドロとした感情のうねりをぶつけ合う試合が、女子プロレスです。
技術はあっても、感情を動かすことが出来ないから
昨今のプロレスは、イマイチ盛り上がらないわけで。
関係者含めて、もう一度この時代の女子プロレスを見直すべきではないか?と私は思うのです。

リングを取り巻く空間の濃密さ。
体格的にも、体力的にも劣るはずの女子の見せる迫力や凄味。
今じゃ、望み得ないものばかりです。

テレビじゃなかなかやってくれないけど
今はyoutubeという便利なものがある。
時間の関係でぶつ切りなのはしょうがないけど、代表的な試合はほとんど網羅されてます。

キューティー鈴木の受けの巧さと、しなやかさ。
豊田真奈美のJOサイクロン。
実際にダイナマイト関西のスプラッシュマウンテンの映像を観ると
この技を小柄なジャニス・クレアに持たせる愚かさを実感できるはず。
(背中合わせの相手を高々と掲げて晒す外連味が、この技の真骨頂だというのに)
この技の受け手として、長与千種が実に絵になる受け方をしてくれているし
その映像もしっかりyoutubeにアップされているし。

暇があると
チマチマ検索して試合動画を眺めるのが、この所の日課だったりして。

是非観て欲しいのは
・神取忍vs北斗晶のシングルマッチ2連戦
・豊田真奈美、山田敏代vsダイナマイト関西、尾崎魔弓のWWWAタッグ戦
・ブル中野VSアジャ・コングの金網デスマッチ

このあたりは、女子プロレスを語る時に必ず語られる試合です。
ついでに検索しますと、こんな試合も。
・キューティー鈴木vs福岡晶

この試合が「Dragon’s Bless」でもチラリと書いた
ステンドグラスを背負うリング、京都KBSホールでの試合となっております。
JWPは他にもパイプオルガンのある川口リリアホールとか
綺麗なロケーションの会場を上手く使う団体だったんですよね。

興味のある方は、覗いてみて下さい。
男プロや、最近のうらぶれた女子プロレスしか知らない方は、是非に。
posted by Luf at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

実は、凄いことになっていた“とみたゆう子”復刻

こんな記事を見つけました

http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2012-09-17-1

30年ぶりの大ブレークですか……

火が付いたきっかけは
やはり、山梨鐐平さんのライブへのゲスト参加もあって
長く静かにゆう子さんナンバーを聞き続けていた人たちが反応したことで
その歌声をチラッと知っていた人たちが思い出し
久しぶりに聴きたくなって、CDを探し求めて……というパターンだと思うんですけどね。
オークションで高騰したのは、それが原因じゃないかと。
元々、ファンが根強く良い値が付いているゆう子さんの盤が
あれ以来、更に急騰してましたから。

更に
人気再燃に押されて、MEG−CDさんが復刻を決めたみたいな書かれ方をしてますが
アルバム復刻こそ、今年の7月でも
シングル復刻はその一年前から進めて下さっていたわけですし
むしろ、今回のブレークの重要な立役者だと思います。
ゆう子サンファンとしても、MEG−CDさんの復刻に感謝する一人としても
これにはちょっと「異議あり!」と言っておきたい。

でも、そっかぁ……
「名古屋限定」から「全国」に人気が広がった……かぁ
東京在住でゆう子さんファンだった私の立場は?
私の周囲でも、ファンは多かったんですけどね(^_^;

こんな風に、今になって取り上げられるってのも凄いし
ずっと聴き続けていたファンとしては、嬉しいやら、驚くやら

当時、ゆう子さんよりもっと売れた人も
もっと愛された人も、たくさんいたはずなのに。

30年前にゆう子さんが投げた歌声のボールを
愛し続けたファン達が投げ返した形の、今回の復刻版人気
もう一度、今のゆう子さんが歌声を投げ返してくれたら、最高なんですけど……
posted by Luf at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

余波

「サンキュ……いてて」
 大きなバッグを引き摺ってきた富沢レイに笑顔を返そうとして、永原ちずるは悲鳴を上げた。
 山梨県は甲府市の県立病院。
 顔と脚以外は無傷のちずるは、ベッドに身体を起こしている。
 その姿に安堵しながらも、一言二言、言ってしまうのがレイだ。
「あんたね。その包帯の巻き方なら、無理に笑おうなんて考えずに、無表情で『私が死んでも代わりがいるから』とでも、つぶやいときゃ良いのよ」
「何だよ、そりゃ……」
 表情を動かさぬように苦笑する友に、肩を竦めるだけで教えてやらない。
 どうせ、ちずるには無駄なだけの知識だ。
「でも、ちずるちゃんは楽だよね。いつでも入院できるように、ちゃんと荷造りしてあるから。私だったら、大変だよぉ」
 妙な事に感心するキューティ金井こと、金井美加に呆れつつ、これも役目とツッコミを入れる。
「ちずるは、入院の予定があったからでしょうが。あんたにまで入院されたら、私が堪らないわよ。寮長と、マン・ツー・マンになっちゃうじゃない」
「……英才教育?」
「一子相伝、新女寮長への道ってか?」
 贅沢にも個室の病室に、どっと笑いがはじける。
 一人は痛そうに顔を押さえつつだが、いつも過ぎる会話に、むしろ安心した。
「冗談言ってる場合じゃないっつーの。こっちは大変なんだから」
 顔を顰めてやると、美加の表情が翳った。
「……処罰、決まったの?」
 その一言で、まだこちらにまで話が伝わっていないと解る。
 うんざりと溜息をついて、ちずるも吐き捨てた。
「怒ってくれるのは嬉しいけど、あたしなんかの為に問題を起こすなって。そうでなくてもあたし達は、新女でも浮いてるんだからさ」
「処罰は無しって言われた。だから、ちずるは気にしない」
 きっぱりと言ってやる。
 発端はちずるでも、これはレイと武藤めぐみの問題だ。
「処罰がないのに、どうして大変なの?」
 お気楽な奴が、きょとんとドングリ眼を更に丸くする。
 少し首を傾げる姿は悔しいくらいに可愛らしいが、いかにも自分は部外者ですという態度に、ちょっとムカついた。
「理沙子さんに言われたの。次のシリーズの開幕戦、後楽園プラザのメインで遺恨を精算しなさいって」
「後楽園プラザのメインって……レイ、あたしをダシにして初メインとは、美味しすぎないか?」
「それを言うなら『俺を踏み台にしたぁ!?』と言いなさい。そんな美味しい話のわけないでしょ」
「レイちゃんばっかりズルーい!」
 案の定、口を尖らせ、美加は頬を膨らませて抗議。
 意地悪く睨め付けてから、言ってやる。
「いくら武藤相手でも、私一人で、プラザのメインが務まるわけ無いっしょ。試合はタッグ。私と美加が組んで、相手は武藤めぐみと結城千種」
 ガラガラガッシャーン!
 漫画のような音を立てて、見舞い客用のパイプ椅子が転がった。
 盛大な物音に看護師のお姉さん達が慌てて部屋を覗きに来たが、美加のドジだろうと、苦笑いしながらナースステーションに帰って行く。
 それを待ってから、美加が裏返った声で抗議した。
「そんなの、勝てるわけ無いもん!」
 当然だ。
 後輩とはいえ、相手は、押しも押されぬ現IWWF世界タッグチャンピオン。
 それも、来週の防衛戦に向けて、コンビネーションに更に磨きをかけているのだから。
「……問題は、どうやって格好良く負けるかよ」
 眉間に皺を寄せたレイに、ちずるが首を傾げた。
「基本はそうなんだろうけど……遺恨試合だろう?」
「負けた方が間違いを認めて、勝った方が正しくなっちゃう……って、レイちゃん悪くないもん。会社に禁止されてる技を使って、ちずるちゃんを怪我させためぐみちゃんが悪いんじゃない!」
「そんな事、わかってるわよ!」
 つい張り上げてしまった大声に、また看護師さんが覗きに来た。
 愛想笑いで後ろ姿を見送ってから、そっぽを向いて唇を尖らせる。
「わかってるけど……あの二人に勝つなんて、ムリムリムリムリかたつむりよ。新人時代にあっさり抜かれて、今は雲の上のメインイベンターよ。勝てないなら、潔く散ることを考えるっきゃないでしょーが」


などと抜き出ししてみたのは
「朝日のようにさわやかに(後編)」の一コマ。

大変ご無沙汰をしております。
管理人のLufです。

サボっていたわけではなくて
実は、これも東日本大震災の余波、です。
大地震そのもの、及び続く頻繁な余震の影響で家が歪んだのか
外壁が捲れ上がってしまう状態になっていた為
現在、リフォーム中なのです。

私の部屋も、いろいろと手を加えなくちゃならなくなって
荷物を全部運び出され、ネット環境もままならなくなって早三週間……(/_;)
来週には、ようやく完了するようなので
それから、更に仕事の合間を縫って
部屋を元通りに組み直さなきゃならないわけで……

けっこう間が開いてしまいそうなので
順番を入れ替え、手早く仕上がりそうな「朝日のようにさわやかに(後編)」を進めてみたわけで

はぁ……(溜息)
posted by Luf at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

水晶の瞳 STARGAZER 星を見つめてた〜

「横浜が成功したら、あの美人さんも誘って、上等な焼肉屋で打ち上げをやるか。さすがに鹿児島までは行けねえが、東京近郊でも、あの美人さんなら、どっか旨い店を知ってるだろう」
「それ、いいかも。今度はボクたちが、霧子さんに、ご馳走してあげるんだ」
「でも、あの人……意外に大食いだよな。なのに、全然太ってなくて」
「影の努力が凄いのかも……」
 どこかで霧子がクシャミしていそうなことを言いながら、大笑い。
 ここまで明るさが戻れば、もう大丈夫だろう。
 龍子は、会場の隅の壁に凭れた人影を見やって嘯いた。
「お前達は、そうやってはしゃいでる方が似合う。しけたツラしている奴は、一人いりゃあ充分だろう」
 不意に注がれた視線から逃げるように、楠木悠理は設営中のリングに背を向けた。
 この所、十六夜美響との連戦が組まれ続けている状況だ。同じ外人勢用のロッカールームにも居づらく、会場の隅で時間を潰しているというのに。
「上等な、焼肉屋か……」
 会話の内容よりも、そちらに気を奪われてしまう自分が情けない。
 堪った涎を所在なく飲み下し、のんびりと暗い廊下を歩く。あと数時間もすれば、詰めかけた観客の熱気に溢れるだろう狭い通路も、まだ寝惚け眼。自販機で買った缶コーヒーに口をつけると、溜息が漏れた。
 対、十六夜響は連戦連敗。
 それも、まったく良い所無しで、相手を光らせてばかりだ。
 美響を上げてやることが仕事であるなら、充分に仕事をしているのだろうが、そんな指示はマッチメーカーでもある龍子からも、出てはいない。
 対等の立場で戦い、手も足も出ない。
「こんな状況じゃ、しけたツラにもなるさ……」
 ガルム小鳥遊の紹介とはいえ、食い詰めて、アメリカから逃げるようにしてWARSのリングに上がった時には、それなりに好転を期待する虫の良い気持ちはあった。だが、日本のリングでもこんな調子では……。
「楠木悠理選手。今、お時間はありますか?」
 不意にかけられた声に振り向く。
 女としては並の身長だが、射貫くような眼差しが妙に印象的だ。上品な麻のブルゾンを覆うように被ったプレス用のゼッケンが、彼女の素性を物語っている。
「ブン屋さんなら、もっと私の他に話を聞くべきレスラーがいるんじゃないか?」
 煩わしいのは苦手と退散しかけたが、軽やかなフットワークで前を塞がれた。
「私は『週刊レッスル』の奥村美里と申します。私が聞きたいのは、楠木選手にしか聞けないことです」
「私にしか聞けないこと? ……そんなものあるのかな」
 そう切り出されて、悪い気はしない。
 だが、続く言葉を聞いて、悠理は顔を顰めた。
「ええ……アメリカマットでデビューする事について。フレイア鏡や、神塩ナナシーではなく、楠木悠理に訊いてみたいの」
「……誤解しているようだけど、私はそんな良いもんじゃないから。ガルムさんコネで呼んで貰っただけで、あっちじゃ試合にすら苦労している身だし」
「存じているからこそ、話して欲しいの。あなたに続こうとする子たちの為にも」


などと、思わぬ人も登場させつつ
「STARGAZER」(後編)は微速前身中……と言いたいのですが
どんな感じに仕上がるのかはともかく
恐ろしく長いものになりそうです。
ひょっとしたら(後編)を二つに分けるかも知れない(^_^;

何しろ、まだ導入段階までしか書いてないのに
半角80文字/行で、すでに200行を突破しているという(^_^;(^_^;(^_^;

ちなみに(前編)が、全体で388行の分量と言えば
その長さがお解りいただけるかと……

最初から四分割する手も無きにしもだったけれど
物語の流れからすると、この三分割しかないわけだし

奥村さんの後、あの人と話して
十六夜との決着をつけて
更に横浜大会での……も外せないわけで

完成までには、更なる時間が必要です。
場合によっては、もう一度抜き出しするかも。

見捨てずに、気長にお待ち下さると幸いです。

ちなみに「カルチョビット」も絶賛継続中。
こんな事もできるチームになってます。

posted by Luf at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。